space天の実〜tennomi〜

さいたま市で活動するspace天の実~tennomi~のつれづれブログです。

<セルフケア> 温法 眼の温湿布、鎖骨窩(さこつか)の温湿布

《眼の温湿布》

眼の疲労はもちろん、首や肩がこっているとき、神経系統が緩むのでイライラした時や眠れない時に。

そして咳が気になる時にも。(目の毛様体と気管の神経は同じ場所にあるため、

目を使いすぎると咳が長引きやすいともいわれています。)

 

<やり方>

蒸しタオル又は熱めのお湯で絞ったタオルを目に当てます。

目を閉じて8分ほど。

温度が下がったら、冷めたタオルは絞りなおして行います。

 

《鎖骨窩(さこつか)の温湿布》

インフルエンザ、咳が出ている時、言いたいことが言えないなどの心の抑圧が強いとき。寝違え等で首が回らなくなったり硬いときにも。

 

<やり方>

眼の温湿布同様、蒸しタオル又は熱めのお湯で絞ったタオルで

鎖骨の上の窪みの硬いところを温めます。

10分ほど。

 

 

<参考文献>

●「月刊クーヨン2015年1月号」 P20~27

「整体的手当でスッキリ じょうずな風邪の引き方入門」

● 「東洋医学セルフケア365日 健康法のエッセンス 氣道入門」ちくま文庫

 どちらもNPO法人氣道協会代表 長谷川淨潤先生によるものです。

 

NPO法人氣道協会

http://npo-kido.com